スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北穂・奥穂縦走(2日目・中編) 

top 

北穂高岳・奥穂高岳縦走 2009.8.22(Sat)~24(Mon)


【データ】 
●標高:北穂高岳=3,106m、涸沢岳=2,983m、奥穂高岳=3,190m
●ルート:2日目=涸沢~北穂高岳~涸沢岳~奥穂高岳~涸沢
●標高差:2日目=890m(涸沢~奥穂高岳)
●歩行距離:2日目=約6km  ※3日間累計=約36km

※1日目・前編はコチラ

 


【行程】

28
8:45に北穂沢と縦走ルートの分岐に到着。
先行する男性につられて先頭の母も間違えて北穂沢に下りそうになりますが、
2人とも途中でルートを間違ったことに気づいてすぐに戻ってきました(笑)


29
滝谷ドーム。


30
(画像クリックで拡大表示)
この縦走路はずっとこんな感じで岩稜地帯が続きます。
足元が切れ落ちていてかなり怖いと評判ですが、
初めて縦走した前回は、ガスって視界ゼロだったので、
怖いと感じることはなく、晴れたら多少は怖くなるのかな?
と思って今回歩いてみましたが、やはり怖さは全く感じませんでした。
高所恐怖症の人だけ要注意という感じです。
因みに、岩場の登り下りが続くので、体力はそれなりに消耗します。
また、かなりの強風が吹きつけるので、
帽子を飛ばされないようにと気を遣いすぎて
体のバランスを崩してしまわないよう注意する必要もあります219


31
途中で縦走路を振り返ります。


32
岩場に咲くエーデルワイス(ミネウスユキソウ)。


33 
9:50に最低コルに到着314


34 
涸沢岳への登り。


35 
(画像クリックで拡大表示)
ズームしてみると、梯子や鎖場が連続しているのがわかります。


36 
しっかりとして丈夫な梯子なので安心して登れます。


37 
途中の岩場に見たことのない蝶を発見。
近くにイワヒバリの群れがいたので捕食されてしまったかも・・・?


40 
10:50に涸沢岳に到着314
相変わらず風が強いですが、付近にガスもなく快晴です278


38 
(画像クリックで拡大表示)
北穂からの縦走路。正面の槍のトンガリがかっこいい415


39 
「サンダル履きでも登れる」と有名なルートを下って
(登りなら平気かも知れませんが、この下りはサンダル履きでは絶対に無理です404
11:10に穂高岳山荘に到着314


41 
ここに来ると必ず食べるうどんを今年も注文しました341
2004年に登った時は卵入りだったのに、
その後はただの山菜うどんになってしまい、ちょっとガッカリです394


腹ごしらえを済ませたら、いよいよ主峰・奥穂高岳をめざします山と空


5402日目・後編に続く540

 

 

ranking  ranking02
各種ランキングに参加しています344 
登ってみたいと思ったら応援のクリックをお願いします手書き風シリーズハート
 

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aozorahutte.blog91.fc2.com/tb.php/10-0ef7c62c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。