スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥穂高岳(3日目) 

159 


奥穂高岳
 2004.10.10(Sun)~12(Tue)


【データ】 
●標高:奥穂高岳=3,190m(本邦第3位)
●ルート:1日目=上高地明神~徳沢~横尾~本谷橋~涸沢
      2日目=涸沢~涸沢パノラマコース~ザイテングラート取付~
           
穂高岳山荘~奥穂高岳~穂高岳山荘~
          
 ザイテングラート取付~涸沢小屋~涸沢
      3日目=涸沢~本谷橋~徳沢~明神~上高地
●標高差:1日目&3日目=796m(上高地~涸沢)
        2日目=890m(涸沢~奥穂高岳)
●歩行距離:1日目&3日目=約15km、2日目=約6km
        ※3日間累計=約36km
●アクセス:長野自動車道松本ICから沢渡駐車場まで約40分、沢渡駐車場から上高地バスターミナルまで約30分(タクシーは前金制で定額4,000円)


【行程】


10月12日(火) 夜明け前に起床。
雨は止んで、雲も流れが速く快晴が期待されました。
モルゲンロートを待ちながら、朝食を準備。
メニューは中華雑炊、スープ、カロリーメイト、パイナップル(シロップ漬け)、みかん。


137

朝食後、やっと空が明るくなってきます。
冷え込みが厳しく、風も強かったので、
テントの中にずっとこもっていたい気分でしたが、
そういうわけにも行かずテント片付け開始。


144 

穂高を見上げると、段々空が白んできました。
これは今日もモルゲンロートにならないのか~と一瞬ガッカリしましたが、
周りを見るとまだみんながカメラを構えてスタンバイしていたので、
望みはありそうだとこちらもじっとシャッターチャンスを待ちます。


152 

段々穂高に日の光が当たってきました!


結局燃えるようなモルゲンロートにはなりませんでしたが、
ようやく青空の下の稜線を眺めることができたので、
バシバシと何枚も写真を撮り続けますカメラ


166 

奥穂~穂高岳山荘~涸沢槍


172

北穂南稜


176 

穂高岳小屋~涸沢槍


178 

左端のピークが奥穂


昨日ガスの中にいて撮れなかった分まで写真を撮りまくっていると、
次第に山が金色に輝き始めました。美しさに感動し、
ため息をつきながらもシャッターを押す指は止まりませんでした。
やがて、山の色が灰色に変わり、金色のモルゲンロートは終了。
最初は一般的な赤く燃えるモルゲンロートを期待していましたが、
今回の金色のモルゲンロートもとてもよかったです。
(と、このときは感動しましたが、
その後もっと黄金色のモルゲンロートを見ているので
この日のモルゲンロートは今見るとそれほど大したことないですね・・・かお


木木木


健脚者が皆屏風パノラマコースから下山していくため、
後ろを気にせずマイペースで下りていきます。
夕べ降った雨で濡れたガレ場を、たまに滑りながら快調に下りていきます。


 普段から下りを苦手としていましたが、このコースは急なアップダウンもなく、
ストックを使えばかなり速いペースで下りることができました。
本谷橋手前から、登り客と遭遇し始めます。


テント場で寒空の下じっとシャッターチャンスを待っている間に体が冷えたため、
フリース着用のまま下山しましたが、体が段々と温まってきます。
しかも、就寝前に腹や太ももに貼っておいたカイロを外すことも忘れていたため、
サウナのように蒸し暑く、汗が噴出してきます。
が、岩場が続き、着替えられるような場所がないので、
本谷橋まで暑さを我慢して下りていきました。
橋の手前の川岸でザックを下ろしてようやく着替え、
冷えたスポーツドリンクを一気に飲み干してようやく生き返りました。


木木木


190 

本谷橋を過ぎて振り返ると、まだ北穂が見えていました。
(このときは北穂だと認識していませんでしたが・・・笑)  


192 

横尾への道から右手に見える屏風岩が、2日前の曇天と変わり、
晴天をバックに美しく大迫力で聳え立っていました。
新田次郎の岩壁登攀の世界に思いをはせながら巨大な岸壁を見つめます。


穂高のほうから段々と羊雲が流れてきました。
一昨日、曇天のために撮り損ねた河童橋からの穂高を写真に収めるため、
行きよりも(ゴミで)重くなったんじゃないかと思われるザックを背に、精一杯道を急ぎます。


193 

振り返って名残を惜しみつつ、先を急ぎます。


木木木


199

横尾のつり橋を渡り、ベンチで小休止して再び下山開始。 
すると「そこの道でカモシカに会ったよ!」とコーフン冷めやらぬおじさんに遭遇。
カモシカとの出会いから別れに至るエピソードを鼻息荒く説明してくれましたが、
カモシカとは一度八ヶ岳で遭遇しており、このおじさんは取り損ねたという写真も
しっかり撮ることができていたため、「へー、すごいですねぇ」と
あまり大きなリアクションもせずに立ち去ってしまいました。
おじさん、ごめんなさい。。。


196 

梓川沿いの道を上高地目指して進んでいきます。


徳沢まで来ると、体全体が悲鳴を上げていました。
特に足の裏は、全体に激痛が走り、
平らでほとんどアップダウンのない歩きやすい道にもかかわらず、
なかなかペースを上げることができませんでした。
歯を食いしばりながら絶景を夢見て河童橋を目指して進んでいきます。


 明神の手前から、観光客が多くなっていました。
梓川の川岸で、ハーモニカ演奏を楽しむ一団もいました。
観光客も、登山客と同じく中高年層が目立ちましたが、
若いカップルも結構多かったです。
白いコートに黒のブーツ姿の女性を見たときは、
「あぁ下界に戻ってきたんだなあ」と実感しました。
3日間の風呂なし生活に加え、すっぴんといういでたちのため、
一般観光客の目に留まらないように足の痛みをこらえて河童橋へ急ぎます。


209 

12:10についに河童橋に到着。
平日にもかかわらず、観光客でごった返していました。
何とかスペースを見つけ、河童橋の上に立って振り返ると―。


207 
(画像クリックで拡大表示)

「ワー!」絶景としか言いようのない壮大な景色が広がっていました。
周りの観光客はこの景色を見るだけですが、
自分たちはあそこまで登ってきたのだと思うと、感動もひとしおです手書き風シリーズ星
 因みにこの日はテレビ撮影も来ていました。


木木木


沢渡までの帰り道も、タクシーを利用します。
今回も釜トンネルの信号待ちでメーターを止めてもらえないか期待して、
女性運転手に沢渡までの料金を尋ねます。
「最低でも4,000円はかかりますよ」行きが4,800円だったので、
それくらいで良いだろうとタクシーに乗り込みました。


車窓から、今年一番キレイに見える(by運転手さん)
穂高を見納めながら、釜トンネルへ。
信号待ちにつかまるが、メーターは止めてもらえませんでした。。。
まあ仕方ないか、とあきらめましたが、トンネルを出て少ししてから、
メーターが4,000円になったところで「はいここで止めますねー」
とメーターを止めてくれました。
沢渡まではまだ5分くらいかかる地点でした。
「なんて良い人だ!!」と感動353
(2009年8月現在でタクシーは定額4,000円になっています。)


木木木


沢渡では、駐車場から徒歩3分の「梓湖畔の湯」に寄り、
3日分の汗と垢を流しました(日帰り入浴700円)。
焼岳から引いたかけ流しの天然温泉で、私の垢をすぐに流し去ってくれました。
生まれて初めての露天風呂を、貸切状態で堪能しました。
温泉から上がると、体はもちろんのこと、髪までつるつるぴかぴかに。
「温泉ってスゴイ!」と感動しながら、心も体もリフレッシュしました。


213 

 帰り道にりんごの直売所を発見。
既に人の群れができています。
脇にあるりんご農園からもぎ取ったばかりのりんごを量り売りしていました。
いろんな品種がありましたが、「信濃スイート」が一番おいしかったです。
皆様も、機会があったら是非ご賞味あれGOOD


木木木


こんな感じで、肝心の頂上はガスガスでしたが
とても充実した初の穂高山行となりましたにこおんぷ


ranking  ranking02
各種ランキングに参加しています344 
登ってみたいと思ったら応援のクリックをお願いします手書き風シリーズハート
 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aozorahutte.blog91.fc2.com/tb.php/17-90ab05a7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。