スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷川岳(後編) 

01 

 

谷川岳 2009.10.31(Sat)

【データ】 
●標高:谷川岳(オキの耳)=1,977m
●ルート:天神峠~避難小屋~トマの耳~谷川岳山頂(オキの耳)~ラクダのコル~ロープウェイ駅

●標高差:1,227m
●歩行距離:約6.5km
●アクセス:JR上毛高原駅からバスで約45分(1,100円)の谷川岳ロープウェイ駅で下車、ロープウェイとリフトを乗り継いで天神峠へ。

【行程】

トマの耳からオキの耳へは往復約35分の道のりですが、
団体さんはトマの耳に登っただけで引き返してしまうので、
トマの耳から先は人が少なめで割と快適に進むことができました。

02 
(クリックで拡大表示)
トマの耳から見たオキの耳。一度下ってから登り返します。

03 
(クリックで拡大表示)
天神峠方面を振り返ります。

04 
右手に岩壁が続きます。登山道はなだらかで歩きやすい道です。

05 
左手も展望が開けてまさに360度のパノラマが広がります。

0502 
背後を振り返るとトマの耳はものすごい人だかりガーンビクッ

06 
頂上まであと一息!

 

07 
11:20に標高1,977mの谷川岳山頂(オキの耳)に到着。
天神峠を出たのが9:26だったので2時間もかかりませんでした。
やっぱりロープウェイを使うとあっという間ですね。
因みにコースタイムだと2:40の道のりでした。

 

山頂にはトマの耳の3分の1くらいの人しかいないので、
近くの岩場に腰をおろしてゆったりとランチタイム271
お湯を沸かしている間におにぎりを食べます375

 

08 
お湯が沸いたらカップ麺をいただきます266
登っている最中は汗だくで、冷たいものをキュッといきたい気分でしたが
やはり止まると寒いし空も段々雲ってきたので
温かいカップ麺と紅茶で一心地つきました352

 

頂上からは、やはり気温上昇によるガスで展望が効かず、
折角晴れて360度のパノラマが広がっているのに
ぼやけてよくわからなかったので非常に残念でした406


木木木


腹ごしらえを済ませたら11:58に下山開始。
若干渋滞気味の地点がありましたが割とスムーズに進めました。

 

09 
肩の小屋との分岐を曲がらずに西黒尾根方面に直進。

 

10 
ニセ北岳を背後にして左手に進みます。

 

11 
日本三大急登の西黒尾根は初心者不可。
ということで天神尾根の喧騒とは打って変わって
静かな山行を楽しめます341 できれば登りもこちらのルートで
三大急登制覇に王手をかけたいところでしたが
日帰りなので時間的に無理で諦めました409
因みに日本三大急登は以下の通り:
・北ア 烏帽子岳(ブナ立尾根)
・南ア 甲斐駒ヶ岳(黒戸尾根)
・上越 谷川岳(西黒尾根)

 

先日登った標高差2,200mの黒戸尾根に比べたら大したことありませんが、
谷川岳の西黒尾根は短い距離で約1,200mの標高差があるので
傾斜がかなりきつくなって三大急登に数えられているようです。

 

12 
ガスって分かりづらいですが、麓の方は赤く色づいてます。

 

13 
麓に向かってズームイン。紅葉が分かりますでしょうか?

 

14 
(クリックで拡大表示)
双耳を振り返ります。オキの耳の方がトンガってます。

 

15 
(クリックで拡大表示)
西黒尾根を見降ろします。さすが三大急登。
麓まで一直線に下ってます。

 

16 
スパッと切れ落ちた岩壁を進みます。

 

17 
どういう由来か知りませんがザンゲ岩を通過。

 

18 
振り返ると結構な急傾斜。さすが日本三大急登。
ここの岩場は元々滑るうえに
数多くの登山者によってかなり磨きあげられていて、
軽登山靴ではつるつる滑ってしまってかなり難儀しました388

 

19 
オキの耳からマチガ沢に続く斜面。

 

20 
珍しい形状の岩場。ここは滑りません。

 

21 
左手には笠ヶ岳と白毛門。

 

22 
右手には天神尾根。中央のピークが天神峠。

 

23 
山頂を振り返ります。これを登るのはやっぱり辛そうです笑

 

24 
三大急登をぐんぐん下っていきます。

 

25 
強風が吹き付けてしょっちゅうあおられます風

 

26 
ライオンキングを真似して
ウォーっと雄たけびを上げたくなるような解放感です(笑)

 

27 
中腹辺りで鎖場が出現。以下鎖が断続します。

 

28 
天神尾根の鎖場は鎖不要な感じの道でしたが、
西黒尾根は本格的な鎖場が続きました。

 

29 
振り返るとかなり雲が流れてきてました。

 

32
正面にラクダのコブ(背)が迫ってきました。

 

31 
13:21にラクダのコルに到着。
左に折れると巌剛新道へ。
西黒尾根へは正面の道を登っていきます。

 

30 
ラクダのコルから西黒尾根上部を振り返ります。

 

33 
そこを母に激写されていました(笑)

 

 34
岩壁が続く東尾根。
クライマーズ・ハイでお馴染みの衝立岩や一ノ倉沢はこの奥です。

 

35 
13:25にラクダの背を通過。

 

37 
そして再び鎖場が出現。

 

36 
足場がなくてつるつるの岩なので、結構鎖に頼らざるを得ません。

 

38 
この辺は割れ目に足を引っ掛けて下ります。

 

39 
緩やかな斜面を登った後は、
ロープウェイ駅までひたすら下ります。
落ち葉のじゅうたんができて足元が柔らかく、
負担が少ないのは良かったのですが、
落ち葉のせいで地面が見えないのでたまに踏みぬいたり
滑ったりするので注意が必要です。
この辺になってダブルストックにしましたが、さすが日本三大急登。
いつもの要領でストックを伸ばしたら長さが足りず、
かなりの傾斜を体感しました。

 

40 
土合のロープウェイ駅まであと1時間。
事前にコースタイムを参考に組み立てたスケジュールより
かなり早く来ていて、ちょうどあと1時間で当初の予定よりも
1本(=1時間)早いバスに乗れるので、ここからエンジンをかけ直して
フルスピードで下山します。
母は一足早くバス停に並ぶべく、マッハで駆け降りて行きました355

つるつる滑る岩場では何組かに追い抜かれましたが、
樹林帯では快調に飛ばすことができて、
尾根の上部で抜かれたパーティーを抜き返したり
先行していたパーティーを抜いたりと、
苦手な下りにもかかわらずかなり頑張って飛ばしました。

 

42 
途中で一か所、大きな倒木を乗り越えます。
上部を削ってあるので滑る心配もなく乗り越えます。

 

43 
鉄塔を越えると日に照らされた美しい紅葉が目に飛び込んできました。

 

44 
紅葉のトンネルをくぐって下りて行きます。

 

45 
14:51に西黒尾根登山口に到着。
ここからロープウェイ駅までは林道歩きになります。

 

46 
よく見ると、登山口には3つも標識がありました(笑)

 

47 
やっぱり麓の方はまだ紅葉がキレイに見れます。

 

48 
この日初めて真っ赤なもみじに出会いました34

 

49 
バス停が見えてきました。

 

50 
ロープウェイ駅まであともう少し。

 

51 
下山開始から約3時間で14:58にロープウェイ駅に到着。
バス停には既にバスが到着していて沢山の人が乗り込んでいて、
慌てて行列の中に母の姿を探したところ、奥から母が現れました。
このバスは1本前の水上駅行きだということが判明し、
上毛高原駅行きのバスが来るまでバス停のベンチに腰掛けて待ちます。
早めに到着したおかげで座席を確保することができ、
当初の予定よりも1本(=1時間)早い
15:13のバスで上毛高原駅に向かいます。

 

52 
魔の階段で有名な土合駅。

 

53 
車窓から見えた紅葉。

 

54 
渋滞もなくバスは定刻通り16:03に上毛高原駅に到着。
16:22の新幹線の切符を購入すべく窓口に向かったら、
指定席は空席だらけということが判明し、自由席に変更。
16両編成オール2階建て車両の自由席は空席だらけで
無事座席を確保して快適に帰路につきました235


木木木


 紅葉のピークを過ぎてはいましたが、晴天に恵まれて
西黒尾根のスリリングな下山を楽しむことができ、
大満足の1日となりましたおんぷ


 

ranking  ranking02
各種ランキングに参加しています344 
登ってみたいと思ったら応援のクリックをお願いします手書き風シリーズハート
 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aozorahutte.blog91.fc2.com/tb.php/19-f68b3155

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。