スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大室山 

ohmuro 
※画像はWikipediaから拝借しました。※


大室山 2002年夏


【データ】
 
●標高:1,588m
●ルート:西丹沢自然教室~犬越路~大室山~犬越路~西丹沢自然教室

●標高差:約1,000m
●歩行距離:往復約8km
●アクセス:西丹沢自然教室に駐車場&トイレあり。

【行程】


今回は、私の実質的初登山となった大室山の登山記録をサクっとお届けします。
当時はHPも作成しておらず、
山で写真を撮るという概念も持ち合わせていなかったため、
文章だけでのご紹介になります笑
初登山は、本当は富士山ですが、この大室山登山をきっかけに
定期的に山に登るようになったので、実質的初登山という扱いにしています。


木木木


2009年11月現在、色々な山を登ってきましたが、
この山ほど楽しくない、むしろ不快な登山はありませんでしたガーン
唯一の「二度と登りたくない最悪な山」がこの山です。


過去最悪と感じた要素は3つあります。


1つ目は、頂上からの眺望。
標高の低い山で、頂上でも木々が生い茂っているため、
景色は木に隠れて何も見えませんでした。
「本当にここが頂上?」とさえ思ってしまうほど、頂上らしからぬ地点でしたがっくり


2つ目は、虫の多さ。
週末に行ったにもかかわらず、
他の登山客が皆無だったほどのマイナーな山で、
人があまり入らないために踏み跡も消え、登山道は虫たちの天下でした。
ハエやらハチやらに間断なく攻撃を仕掛けられ、恐怖を覚えました。。。アップロードファイル


3つ目は、天候の悪化。
下山途中で雨が降り出してきたので、
持っていた折り畳み傘を差して帰路を急ぎました傘
すると、まもなく雷鳴がとどろきだしました雷
山の中に落ちる雷は、本当に怖いです。
すぐ頭上で「ズドーン」「バリバリバリ」という轟音が響くので、
次は自分に落ちるのではないかと不安になってきます。
あわてて傘をしまい、豪雨でずぶぬれになりながら駐車場へ向かいました。
(…まあ今となってはこのときの方が100倍くらい怖い思いをしましたが笑


何度思い返してみても、良い思い出がひとつもない大室山ですが、
1つだけ利点がありました。
それは、この山で最悪の体験をしたことで、次の登山への思いが強くなったことです。
「今度の山はこんなにひどくないだろう。今度はもっとキレイなはず・・・。」
そういう思いが芽生え、その後8年間も登山を継続することになったのだと思います。
この山に登っていなかったら、私は今登山をしていなかったかもしれません。


ということで、最悪な思い出だらけの山ですが、
私の登山活動の原点となったのがこの大室山でした山と空


ranking  ranking02
各種ランキングに参加しています344 
登ってみたいと思ったら応援のクリックをお願いします手書き風シリーズハート
 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aozorahutte.blog91.fc2.com/tb.php/20-f0601cb4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。