スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲斐駒ケ岳(黒戸尾根)(1日目・前編) 

kuroto00

甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) 2009.9.21(Mon)~22(Tue)

【データ】
●標高:2,967m
●標高差:+約2,200m(黒戸尾根の登り)、-約940m(北沢峠への下り)
●歩行距離:約13.5km(1日目:約7.5km+2日目:約6.0km)
●ルート:1日目=尾白渓谷駐車場~竹宇駒ケ岳神社~笹ノ平~五合目小屋跡~
           七丈第一小屋~テント場      
      2日目=テント場~八合目~甲斐駒ケ岳~駒津峰~双児山~北沢峠
●アクセス:中央道須玉ICから甲州街道(R20号)を経て駐車場まで約30分。
        ※途中、道の駅「はくしゅう」と尾白の湯(700円)あり。



【行程】

この夏3度目の登山の行先は「黒戸尾根で登る甲斐駒」に決定していました。甲斐駒は古くから信仰登山が盛んですが、その登山道に使われていたのが、今回登った黒戸尾根です。「黒戸尾根から登らなければ甲斐駒に登ったことにはならない」といわれるルートですが、日本三大急登の1つに数えられ、標高差はなんと約2,200mで、鎖や梯子が連続する難ルートとして有名です。初めて甲斐駒に登った時は、手軽に北沢峠から登りましたが、鎖場や梯子の登山には慣れたし、そろそろ登れるだろうと思い、今回張り切って挑戦することにしました。

できればシルバーウィークの連休中に行きたいところでしたが、途中唯一の山小屋である七丈小屋は狭く(収容人数70名)、連休中は大混雑が予想され、かといってテント泊装備で登るにはキツそうなので、ここは混雑を避けて翌週に決行の予定でした。


―が。連休の週間予報に晴れマークがずらり278278278と並んでいるのを目にした母が「やっぱり連休中に登ろう363」と言い出して、急きょ連休中に登ってくることになりましたかお  しかも、布団1枚に3人のような悲劇的混雑が予想されたので、結局テント泊装備で登ることに399 必要なものは既に買いそろえてあったので、土曜日に小型軽量化を図りながらパッキングをして(最終的に約8kgになりました。)日曜の15時過ぎに自宅を出発しました448355


途中でやや渋滞が発生していましたが、ほぼ順調に進み、中央道の双葉SAで夕飯タイム。ちょうど夕飯時で、駐車場待ちの渋滞が発生していて、どうなることかと思いましたがなんとか車を止め、レストランへ。ここも行列ができていましたが、ちょっと観察してみると回転が速かったのでそのまま並ぶことにしました。


kuroto01

 あらかじめウェブサイトで調べて目をつけておいた「ハッシュドオムライス」@980円を注文。「黒富士農場の自然放牧卵をたっぷり3個使った」というオムライスは卵がふわとろで、ハッシュドビーフも美味でしたが、中のライスは冷凍のミックスベジを使っていてちょっとお粗末な感じでした394 でもサービスエリアでこのレベルのお食事なら十分美味しいと思います。


須玉ICで下りて、甲州街道を進み、途中のコンビニ(ローソン。20時頃でおにぎりは殆ど売り切れでした。登山客が買い占めた模様363361)で食料を調達して、さらに途中の道の駅で歯磨きをして、竹宇駒ケ岳神社の手前にある尾白渓谷駐車場に20:30頃に到着。駐車率は70~80%くらい。帰りに着替えやすい端っこのスペースに駐車して、トイレ(水洗。まあキレイな部類ですが、ここで歯磨きするのはためらわれる感じ。。。)を済ませて21:00頃に就寝75


双葉双葉双葉


9月21日(月) 4:00起床243 辺りはまだ真っ暗です。二度寝をしそうになりながらのそのそと起きだして、身支度を始め、シャッキリ目が覚めたところで朝食のサンドイッチを食べます。周りの登山客も手早く準備を済ませ、次々と出発していますが、装備を見る限り日帰りの人のようでした。


我が家も当初の予定では4:30出発のつもりでしたが、先日乗鞍で観光客がクマに襲われる事故があり、甲斐駒にもクマの目撃例が多数あるので暗い中での山歩きを避けるべく、ヘッデンが不要なくらい明るくなってから出発することにしました。一応カウベルも持参しましたが、他にもベルをつけてる人が多数いたので、皆さんクマ対策だったようです。


kuroto02 

5:20に尾白渓谷駐車場を出発


kuroto03 

駐車場奥の林道を進みます。


kuroto04 

(クリックで拡大表示)

歩くこと5分ちょっとで竹宇(ちくう)駒ケ岳神社に到着 


kuroto05 

お賽銭をして、安全登山を祈願します424


kuroto06 

お社の左手を進むとすぐに吊り橋があります。


kuroto07 

定員5名の丈夫な吊り橋。


kuroto08 

すぐにクマ出没注意の看板が。

クマにあったら「さわがず、走らず、あとずさり」が大事


kuroto09 

分岐を左手に進むと、いきなり急登が始まります。
さすがに「日本三大急登」の名は伊達じゃありません356
息を切らさないようにゆっくりと登っていきます。


双葉双葉双葉


黒戸尾根は、さすがに上級者向けなだけあって、大型連休中にもかかわらず、人は少なめでした。いつもならありがたいことですが、今回はクマが気になるのでもう少し賑やかな方がいいねといいながら、カウベルを鳴らして進んでいきます。


いつもなら中高年のスローペースの集団を抜かしていくところですが、上級者だらけの山では私が一番ノロマな部類のようで、健脚者にあっさりと追い抜かれていきます。黒戸尾根の特徴としては、登山客のほかに、トレイルランナーが多く、文字通り走り去って行きました355


健脚者には、日帰り装備・小屋泊まり装備・テント泊装備に関係なく皆さんに追い抜かれ、私たちは休憩中のパーティーを追い抜かすくらいでした(そしてその後すぐに抜き去られる)。 登山客にも下山客にも、私たちの荷物の少なさを見て「小屋泊まりですか?」と心配そうに聞かれました。実は、七丈小屋は荷揚げが間に合わず、現在は食事の提供ができないので、小屋泊まりでも自炊が必須なのですが(カップ麺のみ提供しているとのこと)、小屋は小屋番のご主人が1人で切り盛りしていて、ウェブサイトもないし電話もつながらないので、他の登山客の口コミ情報と登山口の控えめな(=気づきにくい)看板なしでは食事なしの情報を入手できない状態でした。


なので、私たちの日帰りにしては重装備で、泊まり装備にしては軽装備な様子を見て、皆さん食事の用意があるのか心配して声をかけてくださいましたが「テント泊です363」と答えると皆さん大変驚いていました405 まあ今回は銀マットも用意しないで必要最低限の装備にしたので、テント泊とは言わなければ気付かれない装備でしたが…。


双葉双葉双葉


kuroto10

木漏れ日の中、柔らかくて歩きやすいものの、傾斜のきつい急登の道を黙々と進んでいきます。途中で母が野生の猿の集団を発見しましたが、カウベルの音を聞いて逃げてしまい、私は実際に見ることはできませんでした393

次の通過ポイントである笹ノ平には「まだつかないのか404」と気が遠くなるほど、樹林帯の中のジグザグ急登が続きます。事前に予習済みだったので、笹ノ平までの道のりが想像以上に長いことは把握していましたが、確かに気が遠くなるほどの道のりでした(笑)


kuroto11

歩き始めて2時間半で、7:50に笹ノ平の分岐に到着 色んな人に抜かされまくり、かなりスローペースだったのでコースタイム(我が家はいつもYAMAPを参考にしています。YAMAPだとここまで3:10です。)よりかなり遅れているかと思いきや、コースタイムを40分上回るペースでした405 持参していた行程表では、4:30出発予定だったので、出発が50分遅れたにも関わらず、ここで時間を稼ぐことができたので、出発の遅れを取り戻して、笹ノ平到着は予定より10分遅れにとどまりました。ということで、このまま行程表どおりの時間で先に進むことにします。


双葉双葉双葉


kuroto12

信仰の道らしく、あちこちに石像が。


kuroto13

段々と岩場が増えてきます。


kuroto14

9:40に有名な危険スポットの刃渡りに到着 天気予報では晴れのはずが、真っ白な空を見てガッカリ…がっくり とりあえず、この先の岩場の連続に備えるべく、おにぎり2個でエネルギー補給をします375375


kuroto15

休憩中に青空が広がりました411341

ガイドブックでは危険だと脅かされていましたが、実際に登ってみると大したことのない一般的な岩場です。むしろ補助用の鎖があるので、岩場に慣れた人にとっては安全な部類に入るのではないでしょうか。。。


kuroto16

とはいえ、足場は狭いので油断しないで進みます。


kuroto17   
(クリックで拡大表示)

  右手後方には八ヶ岳連峰が見えました。


kuroto18

(クリックで拡大表示)
そして左手前方には地蔵岳のオベリスクが目を引く鳳凰三山。


 双葉双葉双葉


kuroto19

標高が上がるにつれ、秋の気配が深まります。


kuroto20

長い階段が連続します。


kuroto21

10:30に刀利天狗に到着 誰かのお供え物らしき真っ赤なリンゴが美味しそうです…378 もう少し登った後、「もったいない406」と叫びたくなるほどの(実際叫びました・笑)下りが続きます。


kuroto22

青空に映える紅葉34


 双葉双葉双葉


ぐんぐんと下り、五合目小屋の跡(看板等もなく、ただの更地になっています)に11:15に到着 ここでもコースタイムよりも早く到着したので、どうやらコース全体を通してコースタイムを上回るペースで歩けそうです(というか、周りの登山者のレベルを見る限り、YAMAPのコースタイムが遅すぎ!?)。  


kuroto23

この五合目ではちょっとおかしなねじれ現象が発生しています。
登り方向には「下山道」の標識が。


kuroto24

そして下り方向には「登山道」笑


kuroto25

ゴミだらけ(五合目小屋の名残?)の斜面を下ってすぐに五合目鞍部に到着。この先は梯子の連続という体力を使うルートなので、日陰でまたおにぎりを食べてエネルギーを補給します375


5401日目・後編に続く540


ranking  ranking02
各種ランキングに参加しています344
早く続きが読みたいと思ったら催促のクリックをどうぞ(笑)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aozorahutte.blog91.fc2.com/tb.php/3-81defe85

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。